コイブログ!

本やマンガの紹介がメインです。

忙しい会社員こそ筋トレをするべき5つの理由

f:id:chikinkatsu:20180920013504j:plain

みなさん筋トレをしていますか?会社員の方には「筋トレしたいけどなかなかトレーニングの時間がとれない」なんて人もいるのではないんでしょうか。

しかし忙しい会社員こそ筋トレをするべきなんです。時間がないから筋トレをしないなんてもったいないです。いますぐ筋トレをしましょう。

ということで、今回は会社員こそ筋トレをするべき理由を説明していきます。

1.健康になる

筋トレをして身体の筋肉量が増えることで基礎代謝が上がります。基礎代謝は生命を維持するために必要なエネルギーのことです。走ったり運動をしたときに消費するエネルギーとは別に、眠ったり呼吸をしているだけでも使われているエネルギーが基礎代謝です。

筋肉の増加によって基礎代謝が上がることで太りにくい身体になっていきます。これにより筋トレはダイエットや肥満防止に繋がっていきます。

また筋肉を動かすことによって身体全体の血流が良くなり、冷え性が改善されます。冷え性は血流の流れが悪いことによって起こるため筋トレは非常に効果的です。

その他にもデトックス効果や成長ホルモンの分泌など筋トレには健康面で大きな効果があります。

バリバリ働くサラリーマンにとって健康な身体は何にも代えることができないものです。筋トレで健康な身体づくりを始めてみましょう。

2.自己管理力が上がる

筋トレで効果を上げるには自己管理力が必須です。トレーニングの時間を確保するためのスケジュール管理から始まり、食事や睡眠にも気をつけなければなりません。

栄養バランスのとれた食事を考え、たっぷりの睡眠時間を捻出するには自分の生活をしっかりとコントロールすることが重要になります。

自分の身体の状態を把握し、しっかりとした自己管理が必須となる筋トレはマネジメント力を鍛えるのにも最適ということです。

3.ストレス発散

身体を動かすとこによってストレスの発散にもなります。仕事で溜まったストレスをトレーニングで発散して気持ちをスッキリとリセットすることが出来ます。

イライラしているときには夢中でウェイトを挙げることに集中して、汗をかいてシャワーを浴びれば、とてもリフレッシュ出来ますよ。

筋トレは非常に集中力が必要なので、他のことを考えている余裕もないです。私なんかは単純なのでベンチプレスを1セット終えた後には悩み事も吹っ飛んでしまっています。

現代のストレス社会を生き抜いていくにはどこかでストレス解消のはけ口を見つけることが大切です。筋トレは精神面にもとても良い効果ももたらしてくれます。

4.姿勢が良くなる

私は元々重度の猫背でした。身長はそこそこ高いのですが猫背によっていつも実際よりも小さく見られていました。

それが筋トレを始めてからは姿勢もすっかり改善されました。それによって日頃から感じていた腰痛や肩こりなども良くなりました。

背中や肩周りの筋肉をしっかりと鍛えることによって自然と背筋が伸びて姿勢が良くなっていきます。

また効果的なトレーニングを行うには姿勢が重要です。正しい姿勢とフォームでトレーニングを行わなければ怪我をしてしまう恐れがありますし、大きな効果を得ることが出来ません。

そのため筋トレを始めてからは普段の生活から自分の姿勢に気をつけるようになりました。日頃から姿勢を意識することによってますます姿勢が良くなったと実感しています。

座りっぱなしのデスクワークなどで肩や腰が疲れている方などにはおススメです。

5.成長が実感できる

筋トレは学校の勉強と同じようにやればやった分だけ効果があります。ただ単に量をこなせば良いというものではありませんが、努力の量と結果が比例します。

しかもその効果がとても分かりやすいです。1ヶ月も真剣にトレーニングに打ち込めば必ず身体に変化が起こります。胸板が厚くなり、腕が太くなり、出ていたお腹も引っ込みます。

頑張ったことによって成長が実感できることは最高に楽しいです。何ごとにもやる気が出てきて前向きな気持ちで物事に取り組むことが出来ます。

成長を感じれると「自分はここまで出来るんだ」という自信もつきます。自信がつけば仕事にも必ず良い影響が出てきます。

まとめ

いかがだったでしょうか。

個人的には会社員が筋トレをすることはメリットしかないと思っています。時間がないという理由だけで筋トレをしないのは非常にもったいないです。

少しでも筋トレに興味がある方は、最初は自宅で簡単に始めるだけでも良いと思います。その代わり1ヶ月は絶対に続けてほしいです。

1ヶ月後にトレーニングの成果を実感した後はもうあなたは筋トレの虜になっているはずです!

【スポンサーリンク】