コイブログ!

本やマンガの紹介がメインです。

「人生がツライ…」とふさぎ込んでいた私が実際に立ち直るのに効果的だった方法を紹介します

f:id:chikinkatsu:20180921023618j:plain

私は以前、ブラック企業に勤めていました。

詳細は伏せますが、会社というよりも業界全体がそのような状況でした。休日は1ヶ月に2.3回ほど。終電で帰ることが出来れば良い方で、作業をしていると気がつけば朝になっていたことも。

いま考えると恐ろしいですが、残業という概念自体存在していませんでした。

もちろん残業代なんて一切支給されません。そんな環境で働いていたせいか、その時期にはよく「人生ってツライなあ、消えて無くなりたい」なんてことを考えていました。

 そんなときに気分を変えるため、立ち直るために私が行って効果的だったものを、今回は紹介しておきたいと思います!

現在、落ち込んでいる人やふさぎ込んでいる人の助けに少しでもなれれば幸いです。

とにかく寝る

僕はむしゃくしゃしたときなどは、もうめちゃくちゃ寝てました。休みの日にもとにかく眠る。12時間くらいは寝てたと思います。

 

「もう寝たくないよ」と眠ることが嫌になるくらい寝てると、自然と行動意欲が湧いてきます。

 

人間、眠いときのストレスというものは凄まじいです。

とにかく、食事やお風呂など必要最低限のこと以外の時間は眠ることに当ててみて下さい。

 

もちろん、テレビ鑑賞や読書などがストレス解消になるような人もいるとは思いますが、睡眠の力には敵わないと思います。

 

「病は気から」という言葉がありますよね。心と身体は非常に密接なんです。

気合いで病気を治すことがあるということは、反対に身体を万全の状態に持っていくことで精神を回復させることが出来ます。

 

人間、疲れているときはマイナスのことばかり考えがちです。まずはしっかりと寝て、身体を元気にしましょう。自然と気持ちを上向いてきます。

走る

他に効果的だったのは走ることです。

ランニングをして汗をかくことで快感を得てリフレッシュしていました。

大体30分~40分くらい走ることで達成感と心地よい疲労感で一気に前向きな気持ちになるんです。

 

大人になってから運動をして汗を流す機会って中々ないですよね?

部活もサークルも体育の授業すらない社会人では自分から運動する機会を設けない限り、走って汗を思いっきり流すことは出来ないです。

 

「ただ汗をかくことが目的ならばサウナやお風呂でもいいんじゃないの?」なんて思う人もいるかもしれません。

私としては運動したときの自分の内側から身体全体が熱を帯びてくるのが気持良いので、サウナやお風呂よりもランニングの方がおすすめです。

全く熱の質が違います。

 

普段、運動不足の人だと30分走るという行為は中々ツラいかもしれません。

そういう方はほとんど歩いているくらいのペースでもいいので、30分頑張ってみてください。

誰かと競争をしているわけではないでのスピードはあまり気にしなくても大丈夫です。

ゆっくりとしたペースでも30分も走り続けていると、それなりに息は上がりますし、身体もポカポカとしてきます。

そして「30分走ったんだ!」という達成感が自分を迎え入れてくれます。

普段運動をあまりしていないという人こそ試してみてほしいです。

部屋の掃除をする

これも気分がすっきりとリセットされた感じがして、効果的でした。

私の場合、部屋が乱雑に散らかっていると精神的にも「どうでもいいや」とやけくそ気味なネガティブ思考になってしまいがちです。

 

身の回りを綺麗に整頓することで、気分が一新されて立ち直ることができます。

自分の部屋や家の中、あとはカバンや財布の中身を整理するのもオススメです。

財布の中に溜まったレシートを捨てるなんていう簡単なことをするだけでも、だいぶ気分が変わってきます。

まとめ

いかがだったでしょうか?

人生、いつも前向きで絶好調!というわけにはいきませんよね。なんらかの原因で落ち込んだり沈んでしまうことがあります。

そんなときに早く元気になることが大切です。

 

これらはあくまでも私にとって効果的な方法です。他の人にはどうなのか分かりませんが、簡単で単純なものばかりなので試してみる価値はあると思います。

 

少しでも心の中のモヤモヤが取り除ければ良いなと思います。

私も毎日を楽しい気持ちで過ごしていきたいです。

【スポンサーリンク】