コイブログ!

本やマンガの紹介がメインです。

意外と知らないスポーツの変な謎ルールまとめ

f:id:chikinkatsu:20181118015050j:plain

ルールの中で競い合うスポーツ。競技を面白く、平等にするために必要なルールですが、スポーツによっては「え?そんなルールあるの?」と言いたくなるような一風変わったルールが存在することもあります。

今回はそんなスポーツにおける謎ルールをまとめてみました。

ラグビーの謎ルール

f:id:chikinkatsu:20181118022841j:plain

ラグビー同点になった場合に抽選で勝敗を決めるというルールがあります。

試合終了時点で同点の場合にはトライ数、ゴール数で勝敗を決めるのですが、トライ数やゴール数までも同じだったときには抽選となります。

試合が終わった後、別室で抽選を行う姿は想像するだけでシュールです。ラグビーには基本的に延長戦が存在しないようなので、こういったルールが採用されているという背景があるようです。

サッカーの謎ルール

f:id:chikinkatsu:20181118022826j:plain

サッカーでは反則や悪質なプレーをした選手にレッドカードを出すことがありますが、実は審判が自分に対してレッドカード出したことがあります。

過去にイングランドのアマチュアリーグで選手にムカついた審判が、その選手を思いっきり殴りつけてしまい、その後自身に対してレッドカードを出した事例があるそうです。試合は没収試合になったそう。

よく調べてみると審判が審判自身に対してレッドカードを出していいというルールは無いそうですね。ただ選手を殴ってしまったため、交代しますという意思表示のためにレッドカードを掲げたという見方が有力のようです。

ゴルフの謎ルール

f:id:chikinkatsu:20181118022744j:plain

ゴルフは謎ルールの宝庫です。

・打った球を犬がくわえて移動した場合、犬が離した場所からスタート

・落ちていたみかんにボールが食い込んでいた場合 取り出すことは出来ない

・バンカー内で蟹が死んでいた場合、取り除くことは出来ない

・モグラの穴にボールが入った場合、罰を受けずに救出できる

・グリーン上にバナナの皮が落ちていた場合、取り除くことは出来る

などのルールが存在するとのこと。

ゴルフ協会のホームページを覗いて見るとルールに対するめちゃくちゃ細かい質問への回答が載っていました。

ゴルフ規則裁定集/◎ 救済とその処置/規則23 ルースインペディメント/ルースインペディメント:通則

やはり自然の影響を受けやすいスポーツのため、あらゆる想定がされているということなんでしょうかね。

フィギュアスケートの謎ルール

f:id:chikinkatsu:20181118023227j:plain

フィギュアスケートでは胸毛や腋毛を観客に見せてはいけないというルールが存在します。競技には節度と品位が求められているため、このようなルールが設けられているようです。

実際に競技中に脇毛を見せてしまうと減点の対象となってしまうそうです。

テニスの謎ルール

f:id:chikinkatsu:20181118023651j:plain

テニスの最高峰の大会であるウィンブルドンでは白のウェア着用というルールがあるのですが、上下のウェアのみならず下着までもが白でなくてはならないそうです。

試合前にちゃんと白の下着を身に着けているかのチェックも行われているとのこと。ウィンブルドンに白のドレスコードがあることは有名ですが、下着も義務付けられていることを知らない人は多いのではないでしょうか。

相撲の謎ルール

f:id:chikinkatsu:20181118024000j:plain

これは有名だと思いますが、相撲ではまわしが取れたら負けです。不浄負けといって正式にルールで決められています。

過去の取り組みでは二回ほど、この不浄負けになってしまったケースがあるようです。確かに相撲の場合はもろ出しになってしまうので、負けでもしょうがないかもしれないですね。

剣道の謎ルール

f:id:chikinkatsu:20181118024337p:plain

剣道では二刀流も認められています。両手に一本ずつ竹刀を持って試合に臨んでもいいということですね。1992年ごろから正式にルールで認められているとのこと。

想像すると非常に扱いづらそうなのですが、実際でもそのようで二刀流を使う選手はほとんど存在しないようです。

【スポンサーリンク】