コイブログ!

本やマンガの紹介がメインです。

森見登美彦のおすすめ小説7作品を紹介

このページでは独特な世界観で人気を博している森見登美彦のおすすめ作品を紹介していきます。

夜は短し歩けよ乙女

森見登美彦が一躍有名になったきっかけの作品。本の紹介文に書いてあるとおり「キュートでポップな恋愛ファンタジー」なのかどうかは置いておいて、とにかく翻弄されます。クセのある語り口に予想できない展開の応酬に頭が追いつかなくなります。初めての森見作品としておすすめなのが本書です。

太陽の塔

独特な文章に慣れるまでが大変かもしれませんが、一度ハマると抜け出せません。文字を追うごとにどんどんと惹きこまれていきます。男子大学生の主人公達の恋愛へのこじらせ具合がもう最高。作者自身が非モテ男子だということがはっきりと分かる仕上がりとなっています。

有頂天家族

タヌキのお話です。タヌキが京都で大暴れします。タヌキだからといって舐めてはいけません。このタヌキ達どれだけ心を揺さぶられたことか。切なく、愛おしく、そして美しく。これほどまでに毛深く、愛の溢れる物語があったのか。最高です。

恋文の技術

書簡形式のような形をとっている作品。男側からの手紙の内容だけで相手からの返信の内容が分かるようになっているのが非常に秀逸。センスの良さを感じさせる文章でめちゃくちゃ笑わされます。

四畳半神話大系

個性豊かな登場人物達を見ているのが非常に楽しいです。森見作品独特の世界観に無理やり引きずり込んでくるエネルギーを有しています。全体の構成から一つ一つの文章まで森見ワールドが炸裂している一冊。

きつねのはなし

ぞくぞくとするような怪しい雰囲気満載の一冊。他の森見作品と比べても一際異質なのがこちらの作品です。こういったつかみどころが無いホラー作品も書けるのかと感心させられました。

ペンギン・ハイウェイ

不思議で綺麗なファンタジー作品。作品全体から漂ってくるミステリアスな雰囲気がたまりません。おかしな世界観の中で読者を切なくさせる筆力は流石。読後感も気持ちのいい一冊です。

【スポンサーリンク】