コイブログ!

本やマンガの紹介がメインです。

森絵都のおすすめ小説7選を紹介【児童文学の達人】

このページでは児童文学の達人でありながら老若男女に愛される作家である森絵都さんのおすすめの作品を紹介していきます。

カラフル

ファンタジーな設定の中でガンガンと読者の心を揺さぶってくる森絵都の代表的な作品。一応児童文学的な位置づけではありますが、大人が読んでも絶対に楽しめます。「カラフル」というタイトルも秀逸。

DIVE

これぞ青春!もう他に言葉が出ないくらいに青春です。青春の意味が良く分かっていないけれど、とにかく青春。個人的に森絵都作品で一番すきなのがDIVE。問答無用で誰にでも勧めたくなるくらい好き。読後感も最高です。

永遠の出口

一人の女の子が小学生から大人になるまでを描いた一冊。派手なエピソードはなくても「わかるなあ」という絶妙なラインを巧みについてきます。誰もが子どものころに抱く、言葉で表しにくいような感情を表現しています。

いつかパラソルの下で

死んだ父が残した謎を追いかける兄妹の物語。序盤からジワジワと引き込まれていき、終盤からはページをめくる手が止まらず一気読み。父のルーツを探りながら自分自身を見つめなおしていく登場人物たち。とても温かい愛を感じることが出来る一冊です。タイトルも美しい。

ラン

ファンタジー要素が多い作品です。不思議な世界観がたまらなく好きです。登場人物たちの感情がビンビンと伝わってくるような心情描写は流石。自然と感情移入してしまい、素直に感動する良作。

風に舞いあがるビニールシート

直木賞受賞作の短編集。人の心の深いところを丁寧に映し出しているかのような描写にドキッとします。自分にとって大切なものは何だろうかと考えさせられます。特に「ジェネレーションX」が好き。

宇宙のみなしご

思春期ならではのモヤモヤとした感情をしっとりと描いている。森絵都の中には中学生が未だに住んでいるんだと思う。悩むことは誰にでもある、そのあとに前を向いて歩いていくことが大切なんだと実感させられます。

【スポンサーリンク】