コイブログ!

本やマンガの紹介がメインです。

携帯ヒゲ剃り・モバイルシェーバーの選び方とおすすめ4選

f:id:chikinkatsu:20180920013944j:plain

男性の方は外出時に急にヒゲを剃りたくなるときがありますよね。少しの剃り残しを見つけたときや急にかしこまった場に出席をすることになったとき。そんなときに持っていると便利なのがモバイルシェーバーです。

私も社会人になるまでは「シェーバーを持ち歩く必要なんてない」と思っていたのですが、これが持っていると非常に重宝しています。ちょっとしたときにカバンの中からさっと取り出せるコンパクトさと携行性の高さで持ち運んでいても、かさ張りません。

価格も普通のシェーバーに比べて安価で手に入りやすく、性能は少し劣りますが、外出先で少し使う分には問題ありません。最近は多くのメーカーから性能の良い、携行性の高いヒゲ剃りが多く発売されています。

今回はたくさんあるモバイルシェーバーの中から機能的に優れていて人気の製品をご紹介していきます。

モバイルシェーバーを選ぶときのポイント

モバイルシェーバーを選ぶときには以下のポイントに気をつけて選ぶようにしましょう。

サイズ

持ち運ぶのが主な用途となるので出来るだけコンパクトなものを選ぶようにしましょう。カバンの中に入れていても気にならないサイズかどうかを注意しましょう。

充電の持続時間

外出先でいざ使おうと思ったときに充電切れなんてことになっては意味がありません。一回の充電でどれくらいの時間使用できるのかも選ぶときのポイントのひとつです。

重量

サイズと同様に重量も大事なポイントです。やはり重くては携帯しにくいです。サイズと重量どちらの面でも携行性の高いものを選ぶと持ち運びには非常に有り難いです。

 

では選ぶときのポイントを踏まえたうえでお勧めのモバイルシェーバーをご紹介していきます。

ES-RP30(パナソニック)

コンパクトで持ち運びやすいサイズです。充電方式がプラグインなので別で充電アダプターを持ち歩く必要がありません。

1回の充電で1日3分間として7日間の使用が可能です。小さくて剃り心地も問題ないのでビジネスマンの出張用などにおすすめです。値段も安価なので2台目のシェーバーとして持っておいて損はありません。

スーパーレザー ES3832P(パナソニック)

乾電池式のシェーバーです。単三電池2個が必要になります。1日3分間の使用で30日程度使うことが出来ます。毎回充電するのが面倒な人におすすめです。またコンセントのことを気にしなくてよいので海外に持っていくのにも便利。

本体そのまま水洗い可能なのでお手入れが非常に簡単です。モバイルシェーバーにしてはしっかり剃れてコスパの良い製品です。

M-90(ブラウン)

こちらも単三電池使用のモバイルシェーバー。コンパクトながら深剃りにこだわっていて剃り残しなくヒゲを整えることが出来ます。

丸ごと水洗い可能でいつでも清潔な状態に保つことが可能です。キャップがツイスト式といって網刃を傷つけないように工夫されています。網刃の消耗が抑えられるため長期的に利用することが出来るようになっています。網刃が顔の輪郭にフィットするように設計されていて心地よくヒゲ剃りが出来ます。

PQ209-17(フィリップス)

単三電池2本で約3週間使用することが出来ます。フロートヘッドが独立していて顔の輪郭にぴったりとフィットすることで綺麗な剃り心地になります。

刃が自動研磨式となっていて最長2年間の使用が可能です。サイズも非常にコンパクトで携帯するのに適しています。

フィリップスの特徴として肌の弱い人や剛毛の人に優しい刃の造りになっています。

まとめ

モバイルシェーバーは平均で2,000円前後と安価ながら一台持っているだけでとても役立ちます。出張や旅行の多い方は家庭用とは別に一台持っておくと非常に便利で快適です。

 身だしなみを整えることが重要なビジネスパーソンには必須級のアイテムです。

【スポンサーリンク】