コイブログ!

本やマンガの紹介がメインです。

Kindle端末4種類それぞれの特徴を解説!おすすめはどれ?

Amazonが提供している電子書籍をどこでも気軽に楽しむことができるサービス「Kindle」。専用のアプリを使うことでスマホやタブレットで利用することが出来るのですが、Kindleには専用端末が存在します。

Kindleの専用端末を使うことでより快適に電子書籍を読むことが出来ます。このページでは4種類のKindle端末それぞれの特徴を解説していきます。

www.koichan100.com

Kindle

Kindle端末の中で最も安価に手に入るタイプ。大体7000円~8000円程度で購入することが出来ます。とにかく安くKindle端末を手に入れたいという方は必然的にコレになるかと思われます。

安価な分、機能は他のモデルよりも劣ります。バックライトがついていないため、暗いところでの読書に難があります。また、解像度が167ppiとなっており上位機種よりも低いです。活字のみであれば、さほど気になりませんが漫画を読むと画質の粗さが目立ってしまいます。

Kindle Paperwhite

Kindle端末の中で1番人気のあるモデルがこちら。

値段は無印のKindleより5000円程度高くなっているが、その分便利な機能がついているのが特徴。バックライトがついていて暗いところでも読書を楽しむことが出来ます。就寝前に本を読んでいて電気を消す手間がなくなるのは地味に嬉しいところだと思います。

解像度も300ppiまで上がっているので、漫画を読むのにも不自由しません。特に強いこだわりがなければこのモデルを買うのが一番無難かと思われます。

Kindle Paperwhite マンガモデル

名前の通り、マンガをよむためのモデルとして発売された商品。

実際にKindle Paperwhiteと比べてみると変わっているのはストレージの容量のみ。他の端末では4GBの容量だがマンガモデルでは8倍の32GBとなっている。

マンガは活字のみの書籍に比べてデータ容量が大きいのでマンガを端末内に多く保存しておくことが可能になっています。Paperwhiteに比べて値段は少し高くなっていますがマンガをたくさん保存しておきたいという方におすすめのモデル。

Kindle Oasis

Kindle端末の最上位モデル。値段も3万円前後と高額に設定されています。

魅力的なのはやはり防水機能。お風呂などでも気軽に読書をすることが可能になりました。熱いお湯に浸かりながら本を読めるのは気持ちよさそうですね。

他モデルが6インチだったディスプレイの大きさが7インチに大型化していて、文庫本とほとんど変わらないサイズとなっています。また、12個搭載されたLEDによって細かな明るさ調整で快適に読書を楽しむことが出来量になっています。

金銭的に余裕があり、妥協をしたくないという方はこのモデルを購入することをおすすめします。

おすすめはKindle Paperwhite

Kindle端末それぞれの特徴を紹介してきましたが、やはりおすすめなのはKindle Paperwhite。

値段的にも性能的にも一番バランスが良く、コスパが高いと思います。どれにしようか迷っているという方はPaperwhiteを選ぶのが良いと思います。容量が気になるという方はマンガモデルで。

【スポンサーリンク】