コイブログ!

本やマンガの紹介がメインです。

乗り換えたら高くなった?格安SIM・スマホで安くならない人の特徴

f:id:chikinkatsu:20180920012948j:plain

ここ数年でよく聞くようになった格安スマホ。ドコモ・ソフトバンク・auの三大キャリアに比べて携帯代がお得になるということで注目されています。

しかし格安スマホに替えたからといって全ての人が安くなるわけではありません。うっかり格安スマホに替えてしまって逆に携帯代が高くなってしまっては元も子もありません。

そこで今回は「こんな人は格安スマホに替えてもお得にならない」というケースをご紹介します。

そもそも格安スマホとは

格安スマホとは名前の通り、格安で使えるスマホのことです。「名前はよく聞くけれど実際にはどのような仕組みなのかよくわからない」という方に格安スマホについて簡単に説明します。

格安スマホの仕組み

スマートフォンに限らず携帯電話は本体とSIMカードの2つで構成されています。

SIMカードとは固有の契約者情報が記録されているICカードです。携帯電話にSIMカードを差し込むことで電話やインターネットを利用することができます。

格安SIMの事業者は大手キャリアの電波を安くレンタルして利用しています。そして店舗や人件費などにかかるコストを削減することで大手キャリアよりも安い価格でSIMカードを提供することができるのです。

格安スマホで安くならない人

では、そんな格安スマホに乗り換えても大して安くならない、もしくは逆に携帯料金が高くなってしまう可能性のある人の特徴をみていきましょう。

電話をよく使う人

3大キャリアではほとんどの場合で通話し放題の定額プランに加入しています。そのため毎月どれだけ通話をしても携帯料金が跳ね上がることはありません。

しかし格安スマホは基本料金は安いのですが、通話料が高いのが特徴です。LINEなどの無料で通話できるアプリでしか使わないという人なら関係ないのですが、どうしてもスマホの通話機能を使用しなくてはいけないという人は注意しましょう。

私もそうなのですが、仕事先の人とのやりとりや年配の方に電話をするときにやむを得ずスマホの通話機能を使用しなくてはいけないという場面も意外と多いです。

格安スマホに乗り換える前に自分がどれだけ普段通話をしているかを把握しておきましょう。最近は定額通話プランを扱っている格安スマホ事業者も出てきているようなので、月々の通話料が多い方はチェックしておきましょう。

 

逆にいうと普段、無料通話アプリでしか通話をしないという人には格安スマホがおすすめです。3大キャリアの定額通話プランは通話をしない人にとっては無駄に高い料金が設定されていることが多いです。もったいないと感じたら格安スマホを検討してみると良いでしょう。

スマホをよく修理する人

大手キャリアでは故障や不具合時に手厚いサポートを受けることが出来ます。故障時に修理費を負担してくれる保険が用意されていて加入すれば非常に低価格での修理サポートを受けることが出来ます。

格安スマホではショップの数を減らしてコストを抑えている運営をしているので、大手キャリアほど充実したサポートを期待することが出来ません。

トラブル時に大手キャリアよりも高い料金を支払わなくてはならないこともあります。スマホの修理代は全額負担すると相当な高額になることがあるので注意しましょう。

格安スマホを契約する際には保証プランの有無をしっかりとチェックするようにしましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。

簡単にまとめると、無料アプリでのみ通話をしている、普段から修理などのサポートをほとんど受けない人が格安スマホの利用に向いている。ということになります。

安くなることばかりが強調されがちな格安スマホですが、向いている人とそうでない人がいるということもしっかりと頭に入れておきましょう。

格安スマホのメリットとデメリットをしっかりと考慮して実際に自分が使用したときの料金を試算してからの乗換えをオススメします。

【スポンサーリンク】