コイブログ!

本やマンガの紹介がメインです。

【水曜日のダウンタウン】藤井健太郎は何者?過去の担当番組や経歴まとめ【演出】

f:id:chikinkatsu:20181127200305j:plain

攻めに攻めた企画を連発し、話題をさらうことの多い人気バラエティ番組「水曜日のダウンタウン」。そんなテレビ界で今一番攻めている番組の演出を務めているのが藤井健太郎氏。

今回はテレビ界の風雲児である藤井健太郎さんの経歴や過去に担当した番組についてまとめてみました。

藤井健太郎とは

藤井健太郎さんはTBSのTVプロデューサーであり演出家です。水曜日のダウンタウンなど人気番組を多数手がけている敏腕テレビマンです。

2016年には、その悪意に満ちている演出術やこだわりを語った本も出版されています。

藤井健太郎さんの大ファンである私も発売と同時に即購入しました。

藤井さんは最初はADとして、今はもう終わってしまった「はなまるマーケット」などの情報番組を担当されていたようです。そこから制作班へと移り「リンカーン」や「さんまのSUPERからくりテレビ」などを担当してキャリアを積んでいき、「クイズタレント名鑑」などの多くの番組を自分でプロデュース、演出するようになりました。

「リンカーン」での経験は本の中でも語られていました。ダウンタウン相手にカンペを出すのが相当なプレッシャーで度胸が鍛えられたそうですね。確かに20代という若さであの超大御所を相手にするとなるとビビりますよね。

また、ダウンタウンは台本に書いてあるボケなどを絶対に言わないらしく、それを利用して制作側がダウンタウンに言ってほしくないことを逆に台本に書いていたこともあったようです。

そういった番組の裏話が満載でテレビ好きなら確実に楽しめる本でした。

 

それではここからは藤井健太郎さんの今までにプロデュース・演出した番組をまとめていきたいと思います。

①限度ヲ知レ

藤井さんが入社して2年目の頃に自分で出した企画が通り、プロデュースから演出、ADまでをも兼務して作り上げた特番。入社2年目でいきなりプロデューサー業を経験するとは恐るべしですね。

番組の内容はタイトルの通り限界を調べるというもの。ペット同伴のお店ではどんな動物まで連れて行っていいのか。牛丼屋でのネギ抜きなどの「○○抜き」はどこまで抜けるのか。様々な限界を調査したそうです。

②クイズ☆タレント名鑑

f:id:chikinkatsu:20181127223924j:plain

藤井健太郎の悪意がふんだんに詰まった下世話バラエティ。ただただ芸能人の悪口を言いまくっている映像がお茶の間に映し出されました。

「芸能人!検索ワード連想クイズ」などの名物コーナーには死ぬほど笑わされました。有吉やおぎやはぎ、フジモンなどが活き活きとしてましたね。

相当面白かったのですが、やはり大衆受けはしなかったのか、日曜ゴールデンという時間帯が悪かったのか、打ち切りになってしまいました。裏にはイッテQもありましたからね、終わったときは本当に寂しかったです。

③テベ・コンヒーロ

f:id:chikinkatsu:20181127224527j:plain

タレント名鑑が終了したあとにレギュラーメンバーはほぼそのままで深夜帯の番組として復活しました。世の中の疑問を検証するという番組。フォーマット的には水曜日のダウンタウンと少し似ているかもしれませんね。

「小梅太夫で笑ったら即芸人引退」の企画は伝説になりましたね。フジモンは30回録画を見直したそうです。

④芸人キャノンボール

f:id:chikinkatsu:20181127230840j:plain

カンパニー松尾の「テレクラキャノンボール」を盛大にオマージュした特番です。豪華芸人達がお題に会った人を探して目的地まで連れてくるという競技。

めちゃくちゃロケが大変そうでしたね。過去2回やりましたが、どちらも最高の仕上がりだったので第三弾を期待したいです。

⑤クイズ☆正解は一年後

f:id:chikinkatsu:20181127230551j:plain

年初めにその年の出来事を予想してクイズに回答。年末に答え合わせするという番組。基本的にタレント名鑑のノリが受け継がれていますね。

クイズ番組を1年間という期間を空けることによって、スケールを大きく見せることに成功しています。私にとっては紅白よりも年末の風物詩として定着してしまっています。

⑥水曜日のダウンタウン

f:id:chikinkatsu:20181127230203j:plain

ご存知「水曜日のダウンタウン」。フジモン曰く「水ダウ」。数々の攻めた企画でPTAとBPOを敵に回したであろう番組です。内容は芸能人がプレゼンターとなり様々な説を提唱、実際に検証して見るというのがコンセプト。

基本的に毎週面白かったのですが、私が個人的にNo.1だと思うのが「押忍の説」ですね。いやあ、あれは最高だった。最初に説のタイトルだけ聞いたときは全然面白そうじゃなかったのに、まさかあんな展開になるとは。

この番組だけは終わらずにずっと続いてほしいですね。

【スポンサーリンク】