コイブログ!

本やマンガの紹介がメインです。

紙の本と比較!電子書籍のメリット・デメリット

f:id:chikinkatsu:20181022203702j:plain

Amazonが運営しているKindleを筆頭にスマホやタブレットで本や漫画を読むことが出来る電子書籍のサービスが近年急増しています。おそらくこれから先、紙の本はどんどん少なくなっていき、電子書籍がその大半を占めるようになると思われます。

ただ電子書籍が紙の本に比べて圧倒的に便利で全ての面で上回っているかというと、そういったわけでもありません。どちらも一長一短です。

このページではユーザーの立場から、電子書籍のメリットとデメリットについて書いていきたいと思います。

電子書籍のメリット

①大量の本を持ち歩くことが出来る

電子書籍では大量の本を同時に持ち歩くことが出来ます。実物の紙の本ではありえない種類の作品を携帯して、いつでも好きな時にデータを呼び出して楽しむことが出来ます。

荷物が少なくなり、コンパクトに移動することが出来るのは楽ですね。

②かさばらない

紙の本は購入するごとにどんどん部屋のスペースを圧迫していきます。大量に新しい本を買っていて本棚に収まりきらなくなり、本の置き場に困っているという方も多いと思います。

電子書籍であればそういった心配は無用です。どれだけの数の本を買っても場所をとることはありません。

③書店に行く必要がない

電子書籍は欲しくなったらその場で購入することができるというのが大きなメリットです。わざわざ書店に足を運んだり、通販で注文をして商品が届くのを待つ必要がありません。

時間も手間も大幅に節約できます。評判を聞いて読みたくなった作品をすぐに読み始めることが出来るのは読書好きにとって非常に嬉しいですよね。

電子書籍のデメリット

①電子書籍では売っていない作品もある

急速に普及している電子書籍ですが、未だに紙でしか出版、販売されていない作品も意外とあります。もちろん、そういった作品を読むには実物を購入するしかありません。

また、漫画などに多いケースですが、紙の本の販売日よりも電子書籍の販売日が遅い場合があります。電子書籍で読もうとすると発売日からしばらく待たなくてはいけません。好きな作品を発売日にすぐ読みたいというときには大きなデメリットとなってしまいます。

②パラパラとページをめくれない

これはけっこう気にする人が多いのではないかと思います。ちょっと以前のページを振り返りたいときには紙の本のほうが圧倒的に便利です。パラパラっとページをめくり、大体の見当をつけることが出来るのは紙ならではだと思います。

電子書籍だと1ページずつ戻るかページ数を指定して移動しなくてはなりません。これだとお目当てのページを見つけるのに多少の手間がかかってしまいます。

③本を所有している感覚がない

これは完全に個人の感覚となってしまうのですが、やはり電子書籍だと所有欲が満たされないという人もいます。私もそうなのですが、やはり紙の本のほうが買ったときワクワクするし、嬉しいんですよね。

実物の本だと本棚にお気に入りの本をずらっと並べたときの気持ち良さも味わうことが出来るので、この辺りをこだわる人には大きな違いになると思います。「本なんて読めればいいんだ」という人には関係ないと思いますが。

【スポンサーリンク】