コイブログ!

本やマンガの紹介がメインです。

おすすめの音楽マンガ6作品を紹介!紙から音が聴こえてくる!

f:id:chikinkatsu:20180920003553j:plain

絵と文字で表現するマンガで音楽を表現するのは至難の業。しかしこの世にはまるで本から音が出ているかのごとく見事に音楽を描いているマンガが数多くあります。

このページではおすすめの音楽を題材にしたマンガを紹介していきます。

BLUE GIANT

世界最高峰のサックス奏者を目指す主人公の大のサクセスストーリーを描いているジャズマンガです。普段ジャズを全く聴かない私でもハマリにハマりました。

迫力のある演奏シーンからは本当に本から音が出ているのではないかと錯覚するほどの臨場感を味わうことが出来ます。主人公の大を筆頭に熱い思いを持ったプレイヤーが数多く登場して、胸が熱くなるようなエピソードが登場するたびに涙腺を刺激されます。

現在は第一部の「BLUE GIANT」が完結して、舞台をドイツに移した第二部の「BLUE GIANT SUPREME」が連載中です。熱量たっぷりの最高の音楽マンガ、ぜひご一読を。

BECK

ロックバンド「BECK」の活躍が描かれている映画化もされた人気作です。魅力的な声を持つ主人公のコユキがどんどん成長していく様にワクワクします。

読むととにかくバンドが組みたくなるようなマンガです。バンドメンバーとの衝突や音楽業界のビッグネームを敵に回したりなどの苦難を乗り越えて大きくなっていく「BECK」。

好きなもののために全力で努力していく姿に自分も奮い立たされるものがあります。

四月は君の嘘

天才ピアニストとヴァイオリン奏者の物語。広瀬すずさん主演で映画化もされました。

綺麗な絵と魅力的なキャラクター達が織り成す号泣必至の音楽マンガです。演奏シーンでの観客の反応や感動の描写が非常に巧みで音は聴こえていないのにどれだけ素晴らしい演奏をしているのかが読者に伝わってきます。

主人公とヒロインが惹かれあうという王道ともいえるストーリー展開ですがラストには涙腺が崩壊してしまいました。

ましろのおと

津軽三味線を題材にしたマンガです。伝説の三味線奏者を祖父に持つ主人公の高校生「雪」が様々な人との出会いや出来事を通して三味線の腕とともに成長していく物語。

普段、私達には馴染みの無い音楽である津軽三味線の魅力を存分に打ち出している作品です。津軽三味線の技術や歴史、代表曲などの知識も作品内で解説されています。個性的な登場人物やライバルとのやりとりも楽しい作品です。

SHIORI EXPERIENCE(シオリエクスペリエンス)

ジミヘンドリックスの幽霊に憑りつかれた女教師がロックスターを目指すという一風変わった設定の音楽マンガです。設定だけ聞くとただのギャグマンガと思う方もいるでしょうが、シオリエクスペリエンスは最高に熱くて心打たれる作品です。

登場人物たちと著者の音楽愛がこれでもかというくらいに伝わってきて、本気で音楽と向き合っている姿に目頭が熱くなります。青春と感動を同時に味わいたい方におすすめの作品です。

ピアノの森

複雑な家庭環境におかれている小学生の海が天才ピアニストとの出会いをきっかけに自身もピアニストとして成長していく過程を描いている作品です。

音楽シーンの美しさでは数ある音楽マンガの中でもナンバーワンだと思います。誇張ではなく本当に演奏している音が耳に流れ込んできているかのような感覚を読者に与えるパワーがこの作品にはたしかに存在します。

感動、友情、成長、嫉妬、挫折などの複雑な要素が素晴らしいバランスで絡み合っている傑作です。

【スポンサーリンク】