コイブログ!

本やマンガの紹介がメインです。

おすすめ歴史マンガ9選!楽しみながら勉強にもなる

このページではおすすめの歴史マンガ作品を紹介していきます。

ヴィンランド・サガ

 11世紀北欧の豪傑ヴァイキングを描いた物語。魅力的なキャラクターが多く登場し、戦士としての生き様のかっこよさに憧憬の念を禁じえません。大迫力の戦闘シーンには度肝を抜かれます。オリジナルキャラを交えながらも史実に沿ってストーリーが展開されていくので北欧史を同時に学ぶことも出来ます。

センゴク

リアルな戦場の血生臭さを感じることが出来る戦国マンガ。史実をベースにしているが歴史的解釈などは挑戦的なスタンスを取っていることが多く感じ取れます。様々な武将の視点から戦国時代の出来事を描いているのが非常に興味深く面白いです。迫力のある作画も戦場の荒々しさを表現するのにマッチしています。

ゴールデンカムイ

 歴史漫画でもありグルメ漫画でもあります。日露戦争後の北海道を舞台にアイヌの埋蔵金を目指していく。コミカルとシリアスのバランスが絶妙。当時の戦に苦しんだ人たちの悲惨さや人種差別などの時代的背景もしっかりと描写されています。ストーリーのテンポもよく、様々な要素が融合している傑作歴史マンガです。

へうげもの

織田信長にその交渉術を認められ家臣として仕えるも、千利休の茶釜に心を奪われ茶人となった古田織部の生涯を描いている作品。今までの歴史マンガとは一味違う新鮮さを伴った作風が特徴的です。心理描写も巧みで緊張感や気迫がひしひしと伝わってくる表現力は圧巻。歴史を新たな視点から見ることが出来る新しい歴史マンガとなっています。

信長協奏曲

歴史に無頓着な高校生が戦後時代にタイムスリップ。織田信長に自分の代わりに信長になってくれと頼まれてしまうというストーリー。ドラマ化もされた人気作品です。主人公の無敵感がたまらないです。あまり細かいことは気にしないで勢いとテンポで楽しく読める歴史作品です。

特攻の島

「海猿」や「ブラックジャックによろしく」の佐藤秀峰先生が第二次世界大戦の特攻兵器「回天」に乗る兵士達を描いています。神風特攻隊は有名ですが海軍の人間魚雷回天は世間への認知度が低いと思います。特攻の無謀さ、ありえない理論がまかり通ってしまう戦争という環境の怖さを痛感します。死ぬと分かっていながら魚雷に乗り込む兵士達の心情とはどんなものだったのでしょうか。そんなことを考えていると涙が止まらなくなります。

ヒストリエ

後にアレキサンダー大王の書記官となるエウメネスの物語。残酷な描写が多いのですがそこにリアルを感じ引き込まれます。全体的に淡々としているのですが読めば読むほどに夢中になっていきます。無教養な私が読んでも十分面白いのですが、きちんと世界史を勉強していればもっと楽しめて読めたのではないかと思います。

キングダム

始皇帝の中国大陸統一を描いた壮大な物語。とにかくめちゃくちゃ面白いです。一度読み始めるとやめられなくなってしまう中毒性の高い作品です。個性的なキャラクター達と大迫力の戦闘シーンに魅せられます。史実を元にしながらの人間ドラマに胸が熱くなります。

バガボンド

スラムダンクの井上雄彦先生が剣豪宮本武蔵の生涯を描いた作品。とにかく絵の迫力が半端ないです。壮大なストーリーと圧倒的な世界観。人間の闇と煩悩、光、絶望を真っ向から表現しています。この傑作はこの先どのような結末を辿るのかが見逃せません。

【スポンサーリンク】