コイブログ!

本やマンガの紹介がメインです。

王道で面白いおすすめのバトル漫画10選を紹介!

少年漫画の王道ジャンルであるバトル漫画。このページではおすすめのバトル漫画作品を紹介していきます。

ドラゴンクエスト ダイの大冒険

人気ゲーム「ドラゴンクエスト」の世界観をそのままにオリジナルストーリーで漫画化している作品です。主人公のダイが頼れる仲間を増やしつつ打倒魔王に向かって成長していく姿に胸の中に潜んでいた少年の心がくすぐられます。後半は名シーンの応酬でまさかの展開も多数でした。ポップの成長と勇姿に涙する場面も。

BLACK CAT

カッコいいキャラクター達がお互いの能力を活かしあってかっこよく戦います。漫画としてはありきたりかもしれませんが、ベタなところがこの作品の魅力だと思います。とにかくキャラクターやバトルシーンがカッコよく描かれているので少年漫画感を楽しめる作品です。

冒険王ビィト

世界設定や主人公の生い立ち、背景などのディティールが細かく描写されていて物語にすんなり入り込めます。怪物と戦い、経験値を得てレベルが上がっていき、仲間を増やしていく。まるでRPGゲームをプレイしているかのような気分を味わうことが出来ます。テンポも良く分かりやすく、読者を飽きさせないストーリー展開が魅力です。

うしおととら

何回読み返しても面白い名作中の名作。男らしい荒々しい絵のタッチで描かれる大迫力の作画が最高。作品終盤の怒涛の畳み掛けは漫画史上に残る盛り上がりでした。素晴らしいキャラクター設定の「うしお」と「とら」の掛け合いも楽しいです。笑いあり、涙ありの少年マンガの原点を感じさせてくれます。

幽★遊★白書

初期はバトル要素は薄く、日常のお悩み解決的な内容だったが徐々にバトル方向へとシフトしていきます。富樫先生のセンスが爆発している名言や名シーンが盛りだくさん。敵キャラ、モブキャラもとにかくクセが強く、魅力的なキャラクターばかりです。設定、演出の描写も素晴らしく、全てにおいてクオリティが高い作品。

僕のヒーローアカデミア

皆が「個性」を持っているという設定の世界で「無個性」な主人公がヒーローを目指すというマンガ。ジャンプ漫画における3大テーマである友情・努力・勝利の全てが詰め込まれている作品です。主人公デクの努力と心意気に一人の男として憧れを抱かざるを得ません。今後の展開が気になってしょうがない作品。

るろうに剣心

廃刀令により武士が刀を取り上げられた明治時代が舞台。明治維新の裏側を支えた「人斬り抜刀斎」こと緋村剣心の活躍を描いています。時代背景を丁寧に描写しながらも漫画としてのストーリーを絶妙に入れ込んできます。戦いの中に重厚なテーマやそれぞれの事情があり、多くのキャラクターに感情移入してしまいます。

ハンター×ハンター

とにかくめちゃくちゃ面白いです。この作品の面白さを説明するのが無粋というかなんというか、私の拙い推薦文を読むよりもとりあえず作品を早く読んでもらいたいです。休載期間が長いのも頷ける富樫先生のこだわりと緻密さの中で成り立っている作品。多くの謎や伏線が未回収のまま放置されているのもファン心理をくすぐります。

ドラゴンボール

説明するまでもなく、バトル漫画の世界代表。少年心をくすぐる冒険のワクワク感と必殺技の数々。少年漫画のお手本のような作品です。話が進むにつれて強さのインフレ化が気になるけど、それでも面白いことには変わりない名作。

七つの大罪

絵のタッチがドラゴンボールに似てる。ファンタジーの世界観と個性的なキャラクター達がうまくマッチしています。冒険している感じが伝わってくるのが楽しいですね。主人公達の秘めている力が未知数なところが引き付けられます。明かされていない設定も気になって仕方ない。

【スポンサーリンク】